北海道大学大学院 文学研究科北方研究教育センター
住所:〒060-0810
北海道札幌市北区北10条西7丁目
電話/Fax:011-706-2301
E-mail:
cnh-office(★)let.hokudai.ac.jp
(★)を@に変更ください。

00011635
Today 0010

シンポジウム SNLC2017 (2017-01-28)

北方の言語と文化にかんするシンポジウム
Symposium on Northern Languages and Cultures 2017

プログラム

開会挨拶

10:30-12:00 基調講演

Early Russian Colonization of Siberia: Cultural and Linguistic Consequences
エヴゲーニー・ゴロフコ(ロシア科学アカデミー言語学研究所)
(英語による講演です。通訳はありません)

 

13:30-15:30 セッション1:言語・文学と動物

司会・討論 藤代節(神戸市看護大学)

発表
永山ゆかり(北方研究教育センター)
語形成から見たアリュートルの動物観

長崎郁(国立国語研究所)
ユカギール語資料に見られる動物のイメージ

越野剛(スラブ・ユーラシア研究センター)
ロシアの文学とフォークロアにおける動物変身譚

 

15:50-17:50 セッション2:社会・環境と動物

司会・討論 立澤史郎(北方研究教育センター)

発表
立澤史郎(北方研究教育センター)
シベリアにおける野生トナカイの生態変化と地域住民への影響

近藤祉秋(アイヌ・先住民研究センター)
北方樹林のエンジニアたち:内陸アラスカにおけるヒト・サケ・ビーバーの関係から

的場澄人(低温科学研究所)
グリーンランドの自然環境の変化と地域社会への影響

日時:2017年1月28日(土)
※会場変更
場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W203 文系共同共同講義棟(軍艦講堂)1階 2番教室
駐車場はありません。公共の交通機関をご利用ください。

主催:北海道大学大学院文学研究科 北方研究教育センター
お問い合わせ先:北方研究教育センター (cnh-office@let.hokudai.ac.jp)

※本シンポジウムは文学研究科および以下の研究課題により運営されています。

  • 科研費基盤研究C「消滅の危機に瀕する古アジア諸語の再活性化のための辞書編纂と語彙データベース構築」(#25370453:永山ゆかり)
  • 北極域研究共同推進拠点 平成28年度共同利用・共同研究課題(共同推進研究)「北極域の人類社会における生業活動と大規模な変化への適応」(代表:近藤祉秋)
  • 北極域研究推進プロジェクト (ArCS)
  • 日本学術振興会外国人研究者招へい事業